こんにちは、あめつちの大沢です。
寒い日、暖かい日が繰り返される三寒四温で、ここ最近はとくに春の訪れを感じますね。

さて、そんな春の訪れを目前に、甲府市で4代続く古谷葡萄園さまのホームページを制作し、公開いたしました。

古谷葡萄園の代表古谷さまは、先月ご紹介した山梨アグリプロデュースを立ち上げた方でもあります。

やまなしアグリプロデュース

いつもあめつちは「想い」があるお客さまと繋がることができて、本当に仕事冥利に尽きるのですが、今回の古谷葡萄園さまも事業に対し、素晴らしい情熱をもち、勉強させていただくことが本当に多かったです。

山梨県という郷土を愛し、食を生み出す農業という仕事に誇りを持ち、環境問題を含めた未来のことまで考え、できることを実行に移し、チャレンジしていく姿は、異業種ながら同じ地域で仕事をする私にとっても、頼もしさを感じるほどです。

ともに創り上げていくもの

山梨日々新聞社の取材を受ける古谷さま

公開はしたものの、実は古谷葡萄園さまのホームページは未完成です。
その理由は、メインであるぶどう栽培が制作時にオフシーズンであること。そのため、写真撮影や動画制作の工程が、まさにこれからぶどう栽培のシーズンに向けて進むことになります。

ご存知の通り、人は視覚から入る情報が8割を占めます。
これからのぶどう栽培のシーズン中に、写真や動画の撮影を進めていきますが、それに伴い今回の古谷葡萄園さまのホームページもビジュアルがかなり変わってくると思います。

その変化もお楽しみいただけるのでは、と思っています。

古谷葡萄園のロゴは古谷さまご自身が書かれたもの。
また、今秋に甲府市蓬沢でオープン予定の直営店(旬のフルーツや加工品などが楽しめる)のお店のイラストなども古谷さまご自身が描かれたものをホームページの画像に採用しています。(ご本人がとても多才です!)

冬はいちご栽培も

ホームページ内の写真やコンテンツのとおり、古谷葡萄園さまではぶどう栽培だけでなく、いちご栽培もされています。

ホームページ用の写真撮影のため、マスクを外して撮影しています(撮影時には十分な感染症対策を行っています)

これがとても美味しい!
たまたま古谷葡萄園さまのいちごを食べる前に、違ういちごを食べる機会があったのですが、やはり栽培の方法などで品質にこれだけの違いがでるのかなと驚きました。
(ちなみに古谷葡萄園さまで栽培されたいちごは「アマノパークス竜王店」で購入することができます! 期待は裏切りません! ぜひお買い求めください(^^))

お店には出ることのない形が崩れたものが実はとても甘かったり。
そんな裏話だけでなく、やはり専門家ならではのお話がたくさん聞くことができます。そうしたことも、古谷様はHPやSNS、直営店を出店することで、より身近に情報を発信していきたいと。

ぜひ 古谷葡萄園 をチェックしてみてください!

今後がとても楽しみです。

春の訪れとともに花粉が飛散しやすくなります。
花粉症の対策もですが、寒暖の差もあり、体調の変化などに気を付けてお過ごしください。

大沢 忍

大沢 忍

<span data-ruby="あめつち">AMETSUCHI</span> 代表。<small>(<a href="http://shinobuosawa.com">個人サイトはこちら</a>)</small> 企画立案もするディレクターでもあり、デザイナーでもあり、フォトグラファーでもあり、ビデオ・ドローングラファーでもあり。学んできた知識と経験、技術で、クライアントの価値を視覚化するのが得意。サービスの主軸は「人」。真っ当に仕事している人が正当な評価を受けれるような世界にするため奮闘中。“自分自身が感動した” 人の魅力を発信できるよう頑張っています。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP