先月5月17日に開催されたSONYのドローン、Airpeak体験会の抽選に当選することができ、千葉県木更津のDream Drone Flying Fieldで行われた体験会に行ってきました。

あめつちでもSONYのAirpeakを所有しておりますが、ドローン開発陣にお会いできて、いろいろ質問できるのはまたとない機会でした。
実は知らなかった使い方や、アプリの機能、今後搭載予定のマル秘情報など、盛りだくさんの内容。
(天気が悪かったのが残念ですが…)

映像制作会社から、ドローンスクール関係者、土木関連の会社など、様々な業務に携わる方が来られていました。

ちょこちょこ雨が降り出したため、体験時間の配分を細かく分けて実施。
あめつちは機体を所有していることもあり、体験は少しだけ(他の方にお譲りして)にして、開発陣の方とお話したり、質問させていただきました。

お話する中で、SONYのAirpeakは、とても熱い気持ちで作られたものだと知ることができました。SONY開発陣の並々ならぬ情熱を感じることができ、今後の展開がとても楽しみです。

もちろん、ドローンの業界はDJIがリードしており、実際にAirpeakを使用していても、「ここがこうだったらなぁ」と思うことも確かにあります。(もちろんDJIにもあります)
そうした意見も忌憚なく開発陣にぶつけてみましたが、そうした意見一つ一つに真摯に向き合っていただき、改善のヒントにしようとしていた姿勢がとても好印象でした。

ドローンといえばSONY。
なんて未来もそんなに遠くないかもしれません。

SONYのAirpeakニュースレターより。

私も写真の中に写っています(笑)

機体が大型なため、気軽に飛行できないのが難点ですが、SONY Airpeak を使用して美しい映像を今後撮影していきます。ご期待ください。

ここ最近は許可申請で飛び回っていますが、ドローンはまだまだ未成熟な業界でもあり、大抵良いイメージより、首相官邸無人機落下事件に代表されるように、ネガティブなイメージのほうが世間的には強く、特に自治体さんなどは寛容でない場合が多いです。
国家戦略としての位置づけもあるように、これからドローンはもっともっと活用されていくものです。「もっとドローンを活用していこう!」というような寛容な空気が広がってくれればいいなと思います。
(一部のルールを守らない方の部分だけがニュースなどで広まってしまうのが原因ですよね。)

最後はちょっと愚痴になりましたw
ドローンの良い部分が発信できるようにあめつちは頑張ります(^^)

大沢 忍

<span data-ruby="あめつち">AMETSUCHI</span> 代表。<small>(<a href="http://shinobuosawa.com">個人サイトはこちら</a>)</small> 企画立案もするディレクターでもあり、デザイナーでもあり、フォトグラファーでもあり、ビデオ・ドローングラファーでもあり。学んできた知識と経験、技術で、クライアントの価値を視覚化するのが得意。サービスの主軸は「人」。真っ当に仕事している人が正当な評価を受けれるような世界にするため奮闘中。“自分自身が感動した” 人の魅力を発信できるよう頑張っています。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP