サービスは「人」に尽きる、という、私が仕事をするうえでもっとも大切にしていることを動画によって具現化させていただきました。

いまは高品質が当たり前。品質で差別化することは非常に難しくなってきた時代です。
そんな中、消費者である方々が「なに」を選ぶ基準にするのか。
…それが「人」だと思っています。

あの人が使っているから。
あの人が作っているから。
あの人が宣伝しているから。

これからは『共感』と『応援』という文字がキーワードになってくるのかなと。
そういう意味では、真面目にコツコツやってきた方ほど、日が当たるべきだし、当たらないといけないと思います。

商品をキレイに撮ってオンラインで販売、デザインや広告費にお金をかけて大事なことを見落としている気がします。
先日も豪華にブランディングされたECサイトを見て、実店舗に行って勉強として高いお菓子を買ってきましたが、内容はちょっと…。
ブランディングすること自体間違っていないです。
要は「ミスマッチしてはいけない」ことが大事だと思います。

歴史があるから良い店?
ECサイトがキレイだから高くても当たり前?
なにかちょっと違う気がします。

とまらないので、それはさておき(笑)
今年、三省堂さんのご夫婦にご縁があって、とても素晴らしい人柄に魅了され、またしもて半ば強引に動画を制作させていただきました。
ご協力本当にありがとうございました。

ご夫婦お二人とも地元ではすでに知られている有名店で、これ以上忙しくなることも利益がでることも望んでいません。「皇室献上」という肩書も、「老舗和菓子店」という肩書も、どこか利用されているというか、言葉だけがひとり歩きしているような気がしました。

それよりも、ただ「お店に来てくれるお客様一人ひとりを大切にして、直接作りたてを販売、お話すること」に心を砕いているご夫婦お二人の「三省堂」にフォーカスを当てたかったのです。

ご主人の山田恵一郎さんという人、職人の姿勢。奥様の優しくもお店を支える縁の下の力持ちな存在感。
そうしたところを知ってほしいと動画を作りました。(奥様は恥ずかしいということでほとんど出演されていませんがw)

古き良き日本人の良さがお二人を通じて見えて、失われていく日本の良さをどうしても伝えたいと動画で具現化しました。
多くの人に見てもらい、私が感じた感動が伝わればいいなと思います。

三省堂さんはこちら。(Google Map

大沢 忍

<span data-ruby="あめつち">AMETSUCHI</span> 代表。<small>(<a href="http://shinobuosawa.com">個人サイトはこちら</a>)</small> 企画立案もするディレクターでもあり、デザイナーでもあり、フォトグラファーでもあり、ビデオ・ドローングラファーでもあり。学んできた知識と経験、技術で、クライアントの価値を視覚化するのが得意。サービスの主軸は「人」。真っ当に仕事している人が正当な評価を受けれるような世界にするため奮闘中。“自分自身が感動した” 人の魅力を発信できるよう頑張っています。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP